京都市【城南宮】しだれ梅が満開!限定お守りも!

お出かけ

 

夕方情報ネット「ten.」で

京都市伏見区の城南宮しだれ梅が紹介されました!!

花満開!今が見ごろ!とのことで

絶景の春告げたるしだれ梅を「ten.」のお天気コーナーのためだけにライトアップされていました!

 

城南宮では、しだれ梅が150本咲いてるそうです。

 

暖冬の影響で例年より10日ほど見頃が早まりました。

本来ですと3月にこの景色が見られますが、2月下旬で満開となっています。

 

昼間の明るいところで見るしだれ梅は、折り重なる花びらによって薄紅色のカーテンのようでしたが、

夜は花火流星群に見えます。

さらに!夜になると甘〜い梅の香りが一段と増すそうです。

 

城南宮アクセス

◆駐車場・・・無料駐車場160〜200台あり

※しだれ梅が見頃を迎えると、駐車場は9時頃より満車となり、駐車場に入る列も長くなるため、公共交通機関のご利用がおすすめ!

◆京都市営地下鉄または近鉄「竹田駅」下車、徒歩15分

※竹田駅から1時間に3本ほどの市バスもあり。「城南宮東口」停留所にて下車、徒歩3分です。

◆京都駅八条口から市バスで22分、らくなんエクスプレスで15分。

 

【城南宮】

京都の南、方除け・厄除けの祈祷、車のお祓いの神社。

巫女が神楽を舞い、庭園は花と紅葉の名所です。

 

2020年も開催!城南宮「しだれ梅と椿祭り」

しだれ梅まつりか今年も開催されます。

◆開催期間:〜2020年2月22日頃まで

◆時間:午前9時〜午後4時30分(受付は午後4時まで)

◆料金:大人600円、小人400円

 

この期間限定のお守りなども授かることができるようです。

 

桜と梅の豆知識

桜の花は「咲く」と言いますが

梅は咲く時には「ほころぶ」と言います。

 

桜の花びらは「散る」と言いますが

梅の花びらが落ちる様子は「こぼれる」と表現します。

 

城南宮のしだれ梅はまさに今が見頃となっていて、

こぼれ落ちた花が、苔の上で花のじゅうたんを作っていますのでぜひ足を運んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.

すぎたま

看護師として働きながら、デザイナー専門学校に通いファッションデザインの勉強をしました。現在は1児のママとなり、家事・育児・仕事に365日奮闘中です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました