ペットボトルのフタで簡単手作りおもちゃ2選

オリジナルぽっとんハンドメイド

子供のおもちゃってどんどん増えていきますよね。

わりと高いおもちゃを奮発して買ったのに、

あんまり遊んでくれなかったことありませんか?

手作りのおもちゃの方が、なぜか長く遊んでくれたり(笑)

そこで今回は、ペットボトルのフタがあればできる

超簡単な手作りおもちゃを2つ紹介します。

 

 

ペットボトルのフタで簡単ガラガラマグネット

くっつきマグネット

この中にマグネットが入っているので、振るとガラガラと音が鳴って楽しいです。

ガラガラ同士をくっつけて遊んだり、冷蔵庫にくっつけたり、

たまに玄関のドアにもくっついてたりします(笑)

冷蔵庫にくっつくマグネット

材料(ガラガラ1個分)

  • ペットボトルのフタ  2〜3個
  • ビニールテープ
  • マグネット  1個

 

作成時間

たったの2分(笑)

数をたくさん作るときは、10分ほどかかるかもしれません。

 

ガラガラ作り方

ペットボトルのフタを2個(または3個)合わせて、ビニールテープでぐるぐる巻きに止めて完成!中にマグネットを1個入れるのを忘れずに。

ガラガラ中身

 

 

ペットボトルのフタで!オリジナルのぽっとんおもちゃ

オリジナルぽっとん

100均のタッパーとペットボトルのフタで簡単ぽっとんおもちゃを作りました。

なぜか夢中でぽっとん、ぽっとん遊んでくれます(笑)

 

ぽっとん材料

  • ペットボトルのフタ  4個×作りたい個数
  • 乾燥大豆または小豆、米など  適量
  • ビニールテープ  適量
  • 透明の梱包テープ  ※なくてもOK
  • お好みのシール(飾り用)※なくてもOK
  • 大きめタッパーまたは赤ちゃん用ミルクの空き缶
  • 容器に貼るフェルトやシール(飾り用)※なくてもOK
  • 100均のプラスチックチェーン(なぜかチェーンも好き!)

 

作成時間

装飾の内容にもよりますが、だいたい1時間〜2時間

 

オリジナルぽっとん作り方

①タッパー(または赤ちゃん用ミルクの空き缶)のフタ部分に、

ぽっとんが入る穴を開ける。

穴の大きさはペットボトルのフタよりひと回り大きめにする。

※フタはカッターで簡単に切れますが、切り口がトゲトゲして気になる場合は、

切り口にビニールテープを貼っておくか、

軽くライターで炙ると角が取れてなめらかになります。

(※火の取り扱いには十分ご注意ください)

 

②タッパー(または赤ちゃん用ミルクの空き缶)のフタや容器本体に、

お好みの装飾をしていく。

ぽっとん容器

私の場合は、パンダの口がぽっとんの穴になるように、

フェルトを切り貼りしてパンダの顔を作ってボンドで貼り付けました。

容器本体にはシールを貼っています。

 

③ぽっとんを作る。

ぽっとん中身

ペットボトルのフタを4個合わせて、ビニールテープでぐるぐる巻きにして止めます。

中に乾燥大豆や米などを入れておくと、

振った時にカラカラ音が鳴って楽しいです。

 

④ペットボトルのフタがカラフルなので、そのままでも十分かわいいのですが、

私は子供と一緒に星のシールを貼ってあそび、

その上から梱包用の透明テープを貼ってシールが取れないように補強しました。

シールを貼ったぽっとん

パンダの口にぽっとんを入れて遊んだり、

プラスチックチェーンを入れたり、わりと長い時間夢中で遊んでくれます。

 

友達は画用紙を切り貼りして、

アンパンマンの口にぽっとんを入れるようにしていました。

色んなキャラクター缶(タッパー)を作って並べてもかわいいですよね。

 

The following two tabs change content below.

すぎたま

看護師として働きながら、デザイナー専門学校に通いファッションデザインの勉強をしました。現在は1児のママとなり、家事・育児・仕事に365日奮闘中です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました