【とれとれヴィレッジ】大人気ビュッフェの内容は?

お出かけ

 

和歌山・白浜で子連れ旅行のお泊りには『とれとれヴィレッジ』がおすすめです!

とれとれヴィレッジは、ドームハウスでできているリゾート型宿泊施設で、

その宿泊プランには『夕食バイキング』や『朝食バイキング』がセットになっているものもあります。

人気No.1【とれとれヴィレッジ】海鮮バイキング付き宿泊プラン

このバイキング会場は、とれとれヴィレッジから徒歩5分(同じ敷地内にある)の海鮮バイキング&温泉「とれとれ亭」です。

今回は、

実際にとれとれヴィレッジに宿泊した時に食べた、夕食バイキングと朝食バイキングについてご紹介します。

 

とれとれ亭アクセス

【駐車場】無料駐車場あり

【時間】※すべてバイキング(ビュッフェ)形式です

朝食 am8:00〜10:00(時間制限60分)

昼食 am11:00〜15:00(時間制限60分)

夕食 pm17:00〜22:00(時間制限90分)

 

とれとれ亭バイキングの内容

とれとれ亭は、海鮮メインのビュッフェです。漁業直営なのでとれたての地元のお魚料理が楽しめる他、地産地消のお野菜自家製豆腐などさまざまなメニューが用意されています。

紀州なので、やっぱりは特に美味しく感じました(笑)

※ランチバイキングは一般のお客様も利用できます。夕食バイキングは主にとれとれヴィレッジの宿泊者が利用されるようで、予約数に余裕があれば、一般のお客様も利用可能とのことなので、空きがあるかどうかは問い合わせてみることをおすすめします!

 

夕食バイキング

入り口入ってすぐ、目の前で握ってくれるお寿司がありました。

おかずコーナーには、迫力満点なまぐろの兜焼きが!!

ライブキッチンで焼いてくれるステーキコーナーもありました!

デザートコーナーです。うちの子供は写真右下にある「わらび餅」にどハマりしてしまったようで、何度もおかわりしていました!

その他、うどんやそば、ラーメンなどの麺類コーナーもあり、自分でお湯(お鍋)に麺を20〜30秒くぐらせてから、麺つゆやねぎをトッピングするスタイルだったので、子供たちは喜びそうな感じでした!

煮物、焼き物、お刺身、中華クラゲ、たこわさ、たこ焼き、ご飯、炊き込みご飯、お味噌汁などなどもありました!!

漬物コーナーの種類が多く、梅干しはさすが和歌山なので美味しかったです(笑)

ドリンクは、ファミレスのドリンクバーにあるようなサーバーがあり、お茶やジュース、コーヒー(アメリカン、カプチーノ、カフェモカなど)などが選べます。ティーパックもいくつか種類がありました。

 

朝食バイキング(とれとれヴィレッジの宿泊者が利用)

この写真右上にある「納豆」が最高に美味しかったです!!!写真中央にある「釜あげしらす」は白浜の海の幸で、離乳食の赤ちゃんにちょうど良かったです!

自家製のお豆腐もありました。とってもなめらかで優しい味のお豆腐でした!

ハムは、つい二度見してしまうくらい芸術的!!(笑)

サラダコーナーはドレッシングが豊富でした(笑)

ご飯や茶粥、お味噌汁もあります。このお味噌汁はシンプルなお味噌汁で、お好みでネギや油揚げをトッピングできました。

パンコーナーは、クロワッサン、バターロール、レーズンパンがありました。

シリアルや牛乳、ヨーグルト、フルーツポンチもあります。

この他、野菜ジュースやアイスコーナーもありました。コーヒーサーバーやティーパックもあります。

 

アレルギーでも大丈夫?

とれとれ亭のメニューの1つ1つには、アレルギー表示が書いてあります。

うちの子供は卵アレルギーがあるので、卵不使用なお料理を探して食べていました。それでも、炊き込みごはんやうどん・そば、枝豆、トマト、コーン、かぼちゃ、焼き魚、わらび餅など、10品以上は食べられるものはありました(^ ^)

アレルギーのお子さんでも、ビュッフェなら食べられるものはきっと見つかるので、ママは気が楽です。

 

ベビーチェアや子供用の食器はある?

とれとれ亭は、かなり広い食事処です。席はテーブル席のみですが、ベビーチェアもたくさん用意されていて、最初にスタッフさんが席まで案内してくれた際に、子連れのお客様にはベビーチェアを持ってきてくださいます。(セルフで取りに行ってもOK!)

子供用のお皿(ワンプレートタイプのプラスチックのお皿)やフォーク、スプーン、コップも用意されているので安心です。

エプロンはないので、お子様の食べこぼしなど気になる場合はエプロンを持参するのがおすすめです!ストローも、必要なお子さんは持参しておいた方がいいかもしれません。

 

トイレや授乳室はある?

とれとれ亭の入り口横には男女別々のトイレがあります。女子トイレは、個室が2つあり、手洗い場もわりと広い空間でした。

授乳室はありませんでした。もし授乳する場合は、授乳ケープを持参してバイキングの席でそうっと授乳するか、

とれとれ亭のすぐ横(同じ建物内)には『カタタの湯』とゆう温泉があるので、受付の方に相談すれば、カタタの湯の待合室や女湯の脱衣場などで授乳させてもらえるかもしれません。

※バイキングは時間制限があるので、もし授乳する場合は、とりあえず一通り食べ物を取ってきてからそのまま席で授乳しながら(ママは)食べる作戦の方がいいかもしれませんね(^ ^)

 

ベビーカーでもOK?

とれとれ亭の通路は十分な広さがあるので、ベビーカーでも安心して利用できました。子連れファミリーで来ている方が多いので、赤ちゃん連れでも暖かく対応してくださるので安心です!

人気No.1【とれとれヴィレッジ】海鮮バイキング付き宿泊プラン

 

まとめ・感想

とれとれ亭は、赤ちゃん連れや子連れにこそおすすめです!!

うちの子供は卵アレルギーがあるので、旅行の時の食事は特に悩ましいのですが、バイキングなら必ず4〜5品は食べられるものがみつかるので、本当に気が楽でした(^ ^)

 

朝食は、納豆がめちゃめちゃ美味しかったです!

お粥やシリアル、お豆腐、ヨーグルト、野菜ジュースもあるので、離乳食の子供でも安心して利用できました。

バイキングは何より、ママも好きなものを好きなだけ食べられるので嬉しいですよね!

目の前で握っってくれるお寿司やステーキ、お刺身、たこわさ、とろとろ卵など、普段子供といたら食べられないようなものをたくさん食べれたのでママは大満足です☆

 

 

 

The following two tabs change content below.

すぎたま

看護師として働きながら、デザイナー専門学校に通いファッションデザインの勉強をしました。現在は1児のママとなり、家事・育児・仕事に365日奮闘中です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました