日焼け止めSPF50とSPF20のちがい

お出かけ

子供用の日焼け止めってどれがいいのか、とても迷いますよね?

子供は肌が薄いし、デリケートなことを考えると、

もし日焼け止めを塗って肌が荒れてしまったりしたら可哀想だし。

かといって紫外線を浴びすぎるのもあまり良くないだろうし、

大人用の最強バリア的な日焼け止めを塗るのは抵抗があるし、、、と

私もすごく悩みました。

そこで今回は日焼け止めの謎をまとめてみました!

 

SPFって高いほうがいいの?

日焼け止めを買いに行ってよく目にするのは「SPF」や「PA」の文字ではないでしょうか?なんとなくSPF50とかPA +++のものが紫外線を最強ガードしてくれそうな気がしますよね。

そもそもSPF(Sun Protection Factor)とは、紫外線によるサンバーン(肌が炎症を起こして赤くヒリヒリすること)をどの程度防止できるかとゆう目安の数値のことなのです。

1SPFは、紫外線(主にUVB)によるサンバーンを20分間遅らせることができる値のこと。

 

つまり、

SPF10は200分(約3時間半)

SPF20は400分(約6時間40分)

SPF50は1000分(約16時間40分)

紫外線による影響を遅らせることができるとゆうことなんですね。

 

でも、よく考えてみると1日16時間も日光を浴びることはありませんよね?

子供のお散歩やスーパーに行く程度なら約1〜2時間ほどですし、外回りの仕事をしている方でも日光に当たっている時間は長くても1日約6〜7時間程ではないでしょうか?

 

つまり、SPFは20あれば十分とゆうことがわかります☆

 

 

PA + + +ってどうゆう意味?

よくSPFと並んで表記されている「PA」とは、Protection grade of UVAの略で、紫外線(主にUVA)防止効果の程度を示しているものです。

その程度は

「+」=効果がある

「+ +」=かなり効果がある

「+ + +」=非常に効果がある

の3種類で表していて、+が多いほどその効果は高くなります。

 

まとめ

日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は刺激が強いので、逆に肌トラブルを起こす原因になってしまいます。できれば塗りたくないものですが、紫外線を浴びて日焼けやシミなどができるのも困りますよね。

なので、もし子供に塗るとしたら私はSPF20程度のものでお水またはお湯でちゃんと洗い落とせるものがいいかなと、悩んだ末に今年はこれを買ってみました!

こちらはSPF28でPA++、ノンアルコールでせっけんで落とせると記載されていたので、信じて買ってみました。少量でもスーっと伸びてベタベタせず、においも特に気にならない程度だったのでまあいいかな、と(^ ^)

約1ヶ月ほど、晴れた日に使用していますが今のところ肌トラブルは見られません(^O^)

ほんのり日焼けしてるよ〜な気もしますが、他の日焼け止めを買う勇気がないので、ひとまず今年はこの日焼け止めを使っていこうと思っています☆

ちなみに、曇りの日で快晴の日の50〜60%、雨の日でも30%前後の紫外線を浴びているそうです。特に4・5月と、9・10月は紫外線が強いようなので要注意です☆

The following two tabs change content below.

すぎたま

看護師として働きながら、デザイナー専門学校に通いファッションデザインの勉強をしました。現在は1児のママとなり、家事・育児・仕事に365日奮闘中です。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました